カテゴリ:ちょっと雑学( 7 )

日本の消費税がUPして、なんだか世の中ひっくり返ったように大騒ぎ感があるのですが・・・。
ちなみにフランスの消費税は20%。今年の1月に、19.7%から20%に、静かに変更されました。

ボンジュールパリでは、ぼちぼち価格を改訂してまいりますが、基本的にはご注文時の表示価格で承ります。これは輸入商品ばかりの為、為替レートの変動から、定期的に価格を見直しているからです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Cdlt
[PR]
フランスの経済産業省が認定する、EPV=無形文化財企業ラベル
b0297617_23383828.png

簡単に言えば、古くから受け継がれてきた専門的技術を保持した優秀な企業のしるし。

昨今多くなってきた、「デザインはフランス、でも生産はアジア、一旦フランスに納品してから出荷して、メイド・イン・フランス」みたいなエセ・フランス製が多い中、こういう認定マークがあると有難いです。審査も専門家によって行われるので、認定されるまでの道のりは、かなり面倒なこともあるようですが・・・。

度々ご紹介している、組紐製品、手袋、コスチュームジュエリーのメーカーは、すべて認定されています。


Cdlt
[PR]
「ラインストーン」というと、キラキラと輝くガラスまたは樹脂でできた、宝石に似せた石のことを呼びますが、その昔は、ライン川沿いで採掘された水晶のことを指しました。
こちらは本物の「ラインストーン」を使った、アンティークのペンダントトップ。
b0297617_21122055.jpg

現代のラインストーン・・・すなわちガラスの底に金属粉末を付着させてキラキラ輝かせるようにしたものをフランス語では「ストラス」と言いますが、実はフランス人が開発したそうで、その人の名前が「ストラス」さん。

後に「ライン川沿いの石」の代わりに使われるようになった為、諸外国ではそのまま「ラインストーン」と言われるようになったと想像します。

このペンダントトップにも歴史がありそうです。

Cdlt
[PR]
このブログのアドレスでもあり、また日記の最後に書いている「Cdlt」とはなんぞや・・・。

Cdlt=Cordialement (コーディアルモン 意味: 心から |(手紙の末尾に、友情を表して)敬具

Cdltとは、Cordialementの略語なのです。
特にケータイでのショートメール他、フォーマルメールではない限り、親しい仲で使われる略語。特に若い人の間では氾濫していて理解不能!?
基本的に元の言葉や前後の意味が分からないと使っても使われても、何がなんだかさっぱり分からないものですが・・・。

一般的に知られている言葉だと、Bonjour(ボンジュール)は、Bjr ですね。

英語でも略語があるようで、取引先からも略語を使ったメールが送られ「はぁ?」と思うことがあります。
例えば、Please(プリーズ)は、Pls。

略語は辞書にも載っていないので、経験を積むしかありませんが・・・
一度、地方に住むフランス人に、メールの末尾にCdltと書いて送ったら、「これ、なーに?」と聞かれました(笑)。パリではごく普通のことも地方ではちょっと違うようです。

Cdlt
[PR]
先日は、胸のひらひら飾り(ジャボ)のお話をしましたが、今日は現代風にアレンジしたジャボを作るアトリエをご紹介します。

まず、シルク100%の薄いモスリン生地を木枠にセットします。
b0297617_835392.jpg

さまざまな工程を経てから、筆で描いていきます。
b0297617_8345460.jpg

特殊な用紙でしょうか? 1枚1枚挟んで、これから色を定着させます。
b0297617_8423148.jpg


昔はシルクペインティングが盛んだったフランス。今では昔の技法を継承する人も少なくなり、また職業としている人も少なくなってしまいました。

次回は出来上がったジャボをご紹介します。

Cdlt
[PR]
ヨーロッパの漫画や時代劇で見かける、ジャボ(Jabot)。
胸のひらひらの飾りのことですが・・・。
b0297617_4244089.jpg

昔の絵画を見る限り男性の胸を飾っていることが多いですね。レースの出来具合等を競っていたそうです。

日本人男性の胸を飾ったらどうなるか・・・
見てみたような怖いような・・・

次回は、現代風にアレンジしたジャボを製作しているアトリエを訪問してみます。

Cdlt
[PR]
今日はカトリックの祝日で「諸聖人の日 Toussaint」 (トゥーサン)。
ひとつの単語ですが、Tous(すべての)+Saint(聖人)がくっついてできた単語ではないかと、勝手に思っています。

明日は「死者の日」でお墓参り。菊の花が植えられた大きな植木鉢を飾ったりします。どちらかというと、11月2日より1日の方が、お墓参りの日として浸透している気がします。

ハロウィンはその前日のお祝いの日。クリスマス・イヴみたいなものですが、アメリカで浸透したパーティーで、フランスでは特にハロウィンを特別に重んじることもなく、小学校の仮装パーティーと化している感じです。

今日は、かぼちゃでも食べましょうか・・・。

Cdlt
[PR]