カテゴリ:コスチュームジュエリー( 8 )

祝!出版 フィリップ・フェランディス氏
b0297617_6514915.jpg

フィリップのヴェルニサージュに行ってきました。18時~出版社で、20時~はフィリップのお店で行われました。ヴェルニサージュとは、展覧会のオープニングパーティーのようなものです。
今日は発売日前のお披露目会&サイン会&限定コレクション発表&世界にたった一つしかないコスチュームジュエリーの発表&フィリップのお誕生日でした。

うわ~、すご。
シャンパンとオードブルに群がるフランス人・・・次から次へと出てくるオードブルが、さーーーーっとなくなってしまいます。カクテルパーティーなんてシャレた言葉は似合いません。

・・・という話は置いておいて、みんなゴージャスなフィリップのネックレスを着けてドレスアップしています。写真を撮りたかったのですが、誰も撮っていないし、そうでなくてもアジア人一人ぼっちで目立っているので、まあしょうがないです。

 箱入りの本には、ちょうちょのピンバッジ付。こういうところがニクイですね。
 お祝いごとなので、自分用には限定コレクションのネックレス付きの本を購入しました。

Cdlt
[PR]
アトリエに行って打ち合わせです・・・。手土産は、ロッテのアーモンドチョコレート。
フィリップは日本のチョコレートが大好きなので、「フランスには美味しいチョコレートがたくさんあるのにどうして?」と尋ねると、「自分は日本のチョコレートの方がおいしいと思う」との返事。
ふぅ~ん。

今度、デザイナーとして本を出版するフィリップ。26日にヴェルニサージュがあるので招待状をもらいました。モード界からフランスの芸能界まで顔の広いフィリップ・フェランディス氏のヴェルニサージュ・・・。
「出欠の返事、送ってね」と。 もちろん出席する予定にしていますが、わっ、どうしようと、少々困っています。
b0297617_6571090.jpg

[PR]
これから年末にかけて、パーティーが多くなるフランス。
一番のメインパーティーは、クリスマスでしょうか・・・。

華やかなパーティーには、華やかにドレスアップして、身に着けるアクセサリーもゴージャスに。本物よりも、大ぶりなイヤリングやネックレス、リングが人気です。

まあ、そういうことから「コスチューム」ジュエリーというネーミングになったのかとも思うのですが、ジュエリーというのは基本的に、本物の金やプラチナ、ダイヤモンドやルビーなどを指すみたいですからね。
b0297617_1728233.jpg

お気に入りの生地の上に、リングを乗せてみました。
生地は、ただいま、バッグに変身中です。

Cdlt
[PR]
未発表の組み紐製品の上に、リングを載せていますが・・・
b0297617_739354.jpg


小さなボタンを作ってもらおうかな~と計画中です。

ひとつひとつろう付けする手作りのアクセサリーなので、例えば裏側に糸を通す輪っかをつけてもらって・・・などと勝手に考えています。

希望を叶えてくれるかな・・・

Cdlt
[PR]
昨日に続いてフィリップのアクセサリーから、おいしそうなリングのご紹介です。
b0297617_6442935.jpg


みかん?
b0297617_6444294.jpg


フィリップ・フェランディスのアクセサリーで使われているパーツは、スワロフスキーをはじめ、白蝶貝・黒蝶貝、ボヘミアングラス、チェコガラス、樹脂パーツ、エナメル他、世界各地のきれいなパーツを組み合わせています。ガラスパーツはすべて特注品。デザインに合わせて微妙な色を指定しているそうです。

本当に食べたくなるような、まるでオレンジジュースを固めてしまったかのうようなリングです。


Cdlt
[PR]
フィリップ・フェランディスのアトリエに行ってきました。
月に一回ぐらい定期的に打ち合わせに行きますが、今日はお客様をお連れして・・・なので、写真なんか撮っちゃったりして。もちろん許可をいただいての撮影です。

b0297617_746867.jpg

ひとつひとつ、ロウ付けして組み立てていく作業・・・本当に全部手作りです。
この後、磨いて洗って・・・メッキ加工業者へ送られます。

b0297617_7462619.jpg

メッキから上がってきた、来年2014年の秋冬コレクションの一部。

b0297617_7464145.jpg

フィリップがデザイン画を描いたボードにパーツを乗せて、検討中。

b0297617_7465311.jpg

秋冬コレクションの出荷に大忙し。スワロフスキーのパーツをひとつひとつ留めていきます。

今週金曜日からはじまるパリの展示会では、2014年春夏コレクションの発表です。


Cdlt
[PR]
フィリップ・フェランディスが創り出すコスチュームジュエリーは、とても個性的!
品のある華やかさ、クラシックなようでイマドキのアクセサリー・・・世界中にファンがいます。 この間、NHKに出演していた某歌手もリングをはめていました。

本日ご紹介するリングは、お花にとまったテントウムシ。すっごく可愛い!
b0297617_18255188.jpg


彼は6歳の時に、ママの留守中にママのネックレスを作り変えてしまった!という・・・
それから彼のアクセサリー製作の歴史がはじまった訳ですが、彼の名言 「自分がビジューの仕事を選んだ訳ではない。ビジューがぼくを選んだんだ」

納得です!


Cdlt
[PR]
大ぶりのリングが流行ってきたこの頃・・・
フランス人女性は、ベーシックな装いの中に、どこか自分らしさを主張する小物を身に着けています。中でも、パーティーシーンでも映えるコスチュームジュエリーは、おしゃれさん必須小物。

b0297617_1332081.jpg


薄いピンクのポースレン&ラインストーン、そして、ぽっこり大きなパールが印象的です。
コスチュームジュエリー・デザイナー「フィリップ・フェランディス」の作品です。

Cdlt
[PR]