<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

つづきです。

古い機械ばかりではありません。最新の機械も入れて新しい試みもしています。

こんな網目模様を作ったり・・・
b0297617_17154491.jpg

フリンジ用。最高1m30cmまでのフリンジを作ることができます。
2年前のパリコレで某ブランドのドレスを作り上げた機械でもあります。
b0297617_17155534.jpg


糸は80色ほどあります。メタリック糸(Lurex・リュレックス)や、本物の金属糸を使うこともあります。

ご要望にはできるだけお応えしていますので、ご興味にある方はどうぞご気軽にお問い合わせください。
bonjourparis@live.jp

Cdlt
[PR]
1本の細い糸から出来上がる「ひも(紐)」。またその紐を加工して、素敵な織紐が出来上がります。

製品作りに欠かせない、パスマントリー。
b0297617_0525827.jpg

幅広の紐・・・
b0297617_0531070.jpg

飾り紐
b0297617_0532157.jpg


100年以上前の機械は、工場の横を流れる川の水力を利用して動きます。(今は電化されています)

つづく

Cdlt
[PR]
これから年末にかけて、パーティーが多くなるフランス。
一番のメインパーティーは、クリスマスでしょうか・・・。

華やかなパーティーには、華やかにドレスアップして、身に着けるアクセサリーもゴージャスに。本物よりも、大ぶりなイヤリングやネックレス、リングが人気です。

まあ、そういうことから「コスチューム」ジュエリーというネーミングになったのかとも思うのですが、ジュエリーというのは基本的に、本物の金やプラチナ、ダイヤモンドやルビーなどを指すみたいですからね。
b0297617_1728233.jpg

お気に入りの生地の上に、リングを乗せてみました。
生地は、ただいま、バッグに変身中です。

Cdlt
[PR]
飾り紐を入れたアイテムが出来上がりました。

b0297617_23541697.jpg


糸1本から紐を作るところから研究を重ねています。芯はポリエステルにしようか、コットンにしようか・・・。出来上がりを見ながら紐を作ります。この紐は、コットンを芯にして、糸がよれないように芯に接着させました。接着方法は企業秘密・・・。

紐が出来上がったら、今度は縫い合わせながら形を整えていきます。

次回はひも造りの現場をご覧いただきましょう。

Cdlt
[PR]
このボタンを見たとき、「なんて色合いなんだ!」とびっくりしましたが、ずっと見ているうちに愛着が湧きました。

b0297617_22325692.jpg


こんなボタンが洋服にいっぱい付いていたら、ハデハデしくて・・・どこか落ち着かなそうですね。
でもこれがフランスらしい色合いかと、今では大好きなアンティークボタンになりました。

Cdlt
[PR]
アンティークミニグラスの中の、一番のお気に入り・・・。
b0297617_13235156.jpg


130種類もの薬草を配合した、きれいなグリーンが特徴のフランスの代表的なリキュール「シャルトリューズ」。昔のロゴラベルをプリント?した、高さ4.5cm 直径3.5cmの小さなグラスです。

今では一般的にカクテルに使われることが多いリキュールですが、こうしてグラスがあるということは、ぐいっと飲む人がいたのでしょうね。

Cdlt
[PR]
出張の為、今週は更新を休みます・・・。

Cdlt
[PR]
写真の訳ないけれど、わっ!とびっくりの絵葉書を見つけました。
b0297617_21242564.jpg


ルーペで見たら、「東郷指令長官」と書かれていました。
b0297617_21245168.jpg


「万国郵便総合端書」・・・要するに当時の郵便はがきということですが、最初に見たときは一体なんのことかさっぱり分かりませんでした。
b0297617_21251198.jpg


どうしてフランスにこんな古い絵葉書が・・・それも使われていないものがあるのか、不思議です。
特にこの時代や絵葉書に興味がある訳ではありませんが、久しぶりに歴史の勉強、またどうやってこの地にやってきたのかと、いろいろと想像を膨らまします。

ご希望の方は、どうぞお気軽にご連絡ください。 bonjourparis@live.jp

Cdlt
[PR]
by petitbonjour | 2013-10-13 21:37 | 古い絵葉書
未発表の組み紐製品の上に、リングを載せていますが・・・
b0297617_739354.jpg


小さなボタンを作ってもらおうかな~と計画中です。

ひとつひとつろう付けする手作りのアクセサリーなので、例えば裏側に糸を通す輪っかをつけてもらって・・・などと勝手に考えています。

希望を叶えてくれるかな・・・

Cdlt
[PR]
ただ今フランスは、ぶどうの収穫最盛期!
イタリアやスペインから、季節労働者がやってきて、重労働なぶどう狩りを行っています。

ぶどうにちなんだヴィンテージアクセサリー。
b0297617_5492265.jpg


ボンジュールパリでのお披露目はまだ少し先ですが、ちょっと季節感を出してみようと・・・。

今年はおいしいワインが出来るでしょうか・・・。


Cdlt
[PR]