<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

来週からはじまるファッションウィークを前に、慌ただしくなってきました。

新聞社でおなじみのル・モンド社へ行ってきました。
b0297617_6364460.jpg

b0297617_637967.jpg

とある日の新聞&雑誌が入手できないかという依頼があり、バックナンバーがあるかどうか聞きに行ってきました。んま、簡単に入手できたので、めでたしです・・・。

モダンな建物ですねぇ。
前には地下鉄ならぬ地上鉄?が走っています。
b0297617_6422591.jpg

Cdlt
[PR]
フランスの経済産業省が認定する、EPV=無形文化財企業ラベル
b0297617_23383828.png

簡単に言えば、古くから受け継がれてきた専門的技術を保持した優秀な企業のしるし。

昨今多くなってきた、「デザインはフランス、でも生産はアジア、一旦フランスに納品してから出荷して、メイド・イン・フランス」みたいなエセ・フランス製が多い中、こういう認定マークがあると有難いです。審査も専門家によって行われるので、認定されるまでの道のりは、かなり面倒なこともあるようですが・・・。

度々ご紹介している、組紐製品、手袋、コスチュームジュエリーのメーカーは、すべて認定されています。


Cdlt
[PR]
「ラインストーン」というと、キラキラと輝くガラスまたは樹脂でできた、宝石に似せた石のことを呼びますが、その昔は、ライン川沿いで採掘された水晶のことを指しました。
こちらは本物の「ラインストーン」を使った、アンティークのペンダントトップ。
b0297617_21122055.jpg

現代のラインストーン・・・すなわちガラスの底に金属粉末を付着させてキラキラ輝かせるようにしたものをフランス語では「ストラス」と言いますが、実はフランス人が開発したそうで、その人の名前が「ストラス」さん。

後に「ライン川沿いの石」の代わりに使われるようになった為、諸外国ではそのまま「ラインストーン」と言われるようになったと想像します。

このペンダントトップにも歴史がありそうです。

Cdlt
[PR]
これはなんでしょう?
b0297617_111792.jpg

はるばる・・・と言っても、ちょっと海を越えたイギリスから届きました。
b0297617_112748.jpg

探しても探しても、なかなか出会えないアンティークのリングボックス。

まあ「古いもの」というのは、すでに数が限られている訳ですから、お目にかかれないものはこの先増えていきますね。
この箱に入れるリングを見つけるのも、なかなか難しいです。

Cdlt
[PR]
カットと施したヘマタイト。珍しいネックレスです。
ヘマタイトって、数珠のようなまぁるいビーズが多く重たい感じなので、このカットヘマタイトは軽やかな感じで気に入っています。グレーの輝きが、ますます神秘的に見える感じがします。
b0297617_20581342.jpg

ちょっと、マダム向けのデザインでしょうか。

ヘマタイトのネックレスはこちらから→ 巴里's

Cdlt
[PR]
by petitbonjour | 2014-02-06 21:00 | 巴里's
大人気のマリアージュフレールの紅茶を、銘柄・数量を限定し、Yahoo!ショッピングでの販売を開始しました。

とてもシンプルなページにしてみましたが・・・
b0297617_1351515.jpg

Yahoo!ショッピング用の在庫は確保していますので、お急ぎの方は、どうぞこちらをご利用ください。
時々、お買い得品が現れるかも・・・!?

Bonjour PARIS Yahoo!ショッピング版 へ!

Cdlt
[PR]
今日は、真珠層のビーズとベージュが素敵なランプワークを合わせた作品をご紹介します。
b0297617_2511259.jpg

ランプワークはイタリア人の作家さんによるもので、少しモダンな感じのものを作っていらっしゃいます。

春から夏にかけて活躍しそうなデザインですが、ちょっとまだ寒すぎですね。
巴里's ← こちらから。

Cdlt
[PR]
by petitbonjour | 2014-02-02 08:30 | 巴里's